ある統計によるとセックスレスになっている人妻は半数以上いると言われている。アンケートはあくまでも偏りがあるものだが、おおよそ半数以上はセックスレスなのだ。つまり、人妻は常に性生活において満足できていないことになる。
確かに仕事が忙しいとパートナーガ相手をしてくれないということもあるだろう。本来、セックスというのはお互いの気持ちが高まった時にするものであり、どちらかが一方的に行うものとは違う。だからこそセックスレス問題は難しい。

実際に人妻の多くはセックスレスになっているため、近年はセフレ掲示板などもより一層盛り上がっている。そういう相手を見つけたいなら、ぜひ活用してみてほしい。

頻度の理想と現実

セックスの頻度に関しては、どれくらいが理想なのだろうか。これに関しては人によって違ってくると思う。事実、近年はより若者のセックス離れが進んでおり、新婚生活を送るカップルであっても、セックスの頻度は週に1回~2回ほど。
中には結婚生活を送っていながらも、ほとんどセックスしていないというカップルもいるだろう。月に1回~2回あれば良い方だと思っている人もいる。ただ、その頻度に関しては決して多いとは言えないだろう。セックスレスはそういうところから生まれる。
実は男性がセックスレスに悩まされることの方が多いように感じるが、女性の方がセックスレスになることが多いと言われている。

セックスレスを解消する方法

ではセックスレスを解消するためにはどうすれば良いのだろうか。これに関してはパートナーとしっかり話し合うことが必要だ。もちろん、その話し合いにすら参加してくれないパートナーは、すでに関係が破綻していると言っても良い。
セックスは良好な夫婦関係を保つためにも必要なものにも関わらず、それを拒否するというのはどちらにとっても良い結果にならない。当然だがセックスだけが夫婦生活で重要とは言わない。しかし、性生活があるのとないのとでは大きく違う。
特にどちらかがセックスレスになると、そこから浮気や不倫などに発展することもある。まずはお互いにセックスを楽しむ工夫が必要だろう。

性欲の解放がもたらす効果

性欲を定期的に開放することによって、突発的な浮気や継続的な不倫に終止符を打つことができる。性欲がもともとないという人もいるが、人間は少なからず男女関係なく性欲というのはある。そこはしっかり満たすことが必要だ。
もしセックスレスになっている人妻がいるのなら、今一度パートナーとの関係をしっかり考えた方が良い。また、どうしてもパートナーが相手をしてくれないなら、セフレ掲示板などで割り切り目的の相手を見つけるのも良いだろう。
その逆でセックスレスになっている人妻をそういうところで見つけて、セフレにするというのも悪くない。賢く相手を探してみよう。
https://tel-avocat.com