金融機関のキャッシングは、返済をしっかりと期日内に行っていれば問題ありませんが、返済トラブルが重なりますと、少しずつ審査が厳しくなっていきます。

消費者金融のなかにも審査が厳しい消費者金融と、審査が甘い消費者金融がありますが、いくら審査が甘い消費者金融とはいっても、我慢の限界というものがあり、その限界を超えた暁には、ブラックリストに載り、キャッシングがすべて断られることになります。

審査が甘い消費者金融は一つの限界ラインである

審査が甘い消費者金融という「限界ライン」を下回った場合、正規の金融機関からのキャッシングは一切できなくなります。
ブラックリストの情報は共有されているので、ブラックはあらゆる消費者金融から弾かれるという事態を避けることができません。
こういった審査が甘い消費者金融からも融資が断られるようになったブラックを対象にした非正規(つまり違法)の金融機関は、ブラックを骨の髄までしゃぶりつくすことを目的にしてブラックに融資をします。

限界ラインを下回ったあとの融資は破滅を招くのみ

そのため、ブラック融資などでは、ブラックを相手にしてほとんど審査というものをしません。よほどのことがない限り、必ず融資を受けることができます。
しかし、審査が甘く誰でも貸してくれるということは、その分リスクもでかいということで、ここまで落ちた場合、膨れ上がっていく利息による借金苦の増大という末路だけが待っています。
ブラックは、審査が甘い消費者金融からの融資が断られるようになった段階で、自分の人生なり消費のあらさを自覚し、生き方を見つめ直す必要があるでしょう。