ローンなどを組んで持ち家を手に入れたとしても、その持ち家は「転勤」の一言で台無しになってしまいます。
では、転勤の可能性がある人間にとって、不動産を所有して持ち家を持つということは、あまり賢い選択ではないのでしょうか。
すべての人に移住の可能性がある以上、「賃貸か持ち家か」という問題は決して転勤族だけの問題ではありませんが、この「賃貸か持ち家か」という問題が、やはり転勤族にとってはより大きな問題であることは間違いありません。

不動産を所有しているという事実に執着しない

このような悩みは「所有」にこだわる未練のなさによって生じるものです。
不動産というのは、必要なときだけ所有しておいて、不要になったら売却して気軽に手放すくらいのラフな感覚で向き合うくらいがちょうどいいのですが、そうはいっても、一度所有することに成功した不動産に対しては、なかなか「所有の呪縛」から逃れることができないようです。
不動産を売却したり所有したりするハードルが下がれば、「持ち家か賃貸か」ということで悩むこともなくなるはずです。

不動産一括査定サイトで持ち家の相場を把握する

持ち家を所有した状態でもし転勤が決まったならば、それを購入したときの喜びなどを思い出してグダグダせずに、とっとと売却してしまうのが正解です。
不意の不動産売却にあたっては、不動産一括査定サイトなどを利用して、自分の持ち家の相場をつねに把握しておくのがいい戦略となるのではないでしょうか。
不動産一括サイトを利用すれば、不意の転勤において持ち家を高額売却する可能性も生じますから、こまめなチェックを欠かさないようにしましょう。
https://money-wantit.com/